本文へスキップ

相続手続は実績多数の松浦行政書士事務所にお任せ下さい。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0297-21-8580

〒302-0118 茨城県守谷市立沢1183−4

相続手続サポート 茨城県・千葉県・埼玉県対応!!HEADLINE

相続手続・遺産分割協議書作成のご相談はいつでも無料ですのでお気軽に!!
TEL
0297-21-8580  メール t.matsuura@cap.ocn.ne.jp

相続欠格・相続廃除

<相続〜相続欠格>

相続欠格とは何の手続もなしに、法律上必然的に相続権を失うことです。この制度は相続権がある者が被相続人等の生命や被相続人の遺言行為に対して、故意に違法な侵害をした者に相続権を失わせるという制度です。

<相続欠格の要件>

  • 相続人が故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡させる又は死亡させようとして、刑に処せられた者。※刑に処せられたことが必要。過失致死罪・過失致傷罪は含まない。
  • 既遂、未遂は問われない
  • 被相続人が殺害されたことを知って、告発せず告訴しなかった者
  • 詐欺又は脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、これを取り消し又はこれを変更することを妨げた者
  • 詐欺又は脅迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、これを取り消させ、又は変更させた者
  • 相続に関する被相続人の遺言書を偽造・変造・破棄・隠匿した者

※相続欠格は被相続人との個人的な問題なので、例えば父の相続に対しての相続欠格者でも母の相続に対しては相続権はあります。

<相続〜相続廃除>

相続廃除とは相続欠格とは違い、手続により行われる相続人から相続権を失わせる制度です。相続欠格の要件までは達しないが、相続人に非行がある場合に、被相続人の請求に基づいて、家庭裁判所の手続により、推定相続人の相続権を失わせる制度です。


<相続廃除の注意点>

  • 廃除される者は遺留分がある相続人
  • 兄弟姉妹は遺留分がないので廃除できない
  • 遺留分を放棄した者は廃除の問題とならない
  • 廃除は生前に家庭裁判所に請求することが必要ですが、遺言によっても推定相続人を廃除することができる


<廃除事由>

  • 被相続人に対する虐待、重大な侮辱、著しい非行等があった場合

※相続欠格と違い、廃除は裁判所で認められないと効果はありません。きちんとした理由(事由)が必要でただ単なる嫌いという理由では廃除できません。

松浦行政書士事務所・無料相談センターサポート地域
<茨城県>
守谷市・取手市・つくば市・つくばみらい市・常総市・坂東市・土浦市・牛久市・龍ケ崎市・石岡市・稲敷市・かすみがうら市・境町・利根町・阿見町・古河市・小美玉市・水戸市・鹿嶋市・神栖市・潮来市・行方市・八千代町・五霞町・桜川市・結城市等茨城県全域
<千葉県>
柏市・我孫子市・野田市・流山市・松戸市・鎌ヶ谷市・千葉市・八千代市・印西市・成田市・船橋市・市川市・市原市・習志野市・白井市・香取市等千葉県全域
<埼玉県>
春日部市・越谷市・吉川市・さいたま市・松伏町・蓮田市・久喜市・加須市・幸手市・三郷市・草加市・八潮市・杉戸町等埼玉県全域。

※電話・メール相談のみの対応の地域もございますことをご了承下さいますようお願い申し上げます。

info.事務所情報

松浦行政書士事務所

〒302-0118
茨城県守谷市立沢1183−4
TEL.0297-21-8580
FAX.0297-21-8864
t.matsuura@cap.ocn.ne.jp
→ブログ行政書士のちょい話


相続手続きについてはこちら
相続手続サポート
戸籍謄本収集・調査はこちら
相続書類収集・戸籍調査
相続財産調査・評価はこちら
相続財産調査
相続・贈与の相談はこちら
相続手続き・贈与相談
遺産分割についてはこちら
遺産分割協議書作成
法定相続についいてはこちら
法定相続・相続人順位
相続欠格・廃除はこちら
相続欠格・廃除
相続放棄についてはこちら
相続放棄申述書
戸籍謄本郵送請求はこちら
戸籍謄本等郵送請求方法
相続手続Q&Aはこちら
相続手続Q&A
相続税・贈与税はこちら
相続税・贈与税早見表
納税猶予についてはこちら
納税猶予適格者証明書
登録免許税はこちら
登録免許税
公正証書遺言作成はこちら
公正証書遺言書作成
遺言執行者についてはこちら
遺言執行者
サイト内相続関連ページ
相続用語集
家事事件と管轄裁判所
茨城県市町村役場一覧
千葉県市町村役場一覧
埼玉県市町村役場一覧
茨城県法務局一覧
千葉県法務局一覧
埼玉県法務局一覧
相続税額控除
西暦年齢早見表
事務所運営ウェブサイト
無料相談センター
松浦行政書士事務所
許可申請サポート
会社設立サポート
車庫証明サポート
ブログ行政書士のちょい話